レーシックに対しての興味と不安

公開日: 


0-71

ある時からコンタクトレンズが目に合わなくなり眼鏡暮らしの私。

眼鏡で過ごす事で目への負担はなくなり、以前感じていた痒みや痛みといった不調が
なくなったのは確かなのですが、やはり色々な面で眼鏡の不便さも感じているので
もしレーシック手術受けたなら?と考える時もあったりします。

友達でレーシックをして脱コンタクト・脱眼鏡という人が何人かいて
「手術したらすごく見えるようになって煩わしさがなくなったよ」などという
感想を聞いてしまうとどうしても心惹かれてしまうのです。

その反面で、レーシック手術で失敗(周りにはいないのですが)という話も
インターネットなどで知ってしまうとやはり怖いものだという不安も大きく。

失敗しないにしても結局は視力が元に戻ってしまい見えなくなってしまった
という事もあるようなのでいま一つ手術を受ける勇気が持てないのです。

そもそもレーシック自体、ここ最近話題になって流行りはじめたものだけに
手術後何十年経ったという人がまだいないというのも怖いと思える理由の一つ
となっています。

興味はありますが実際に手術に踏み切れるかといえばそれはまた別の話。
怖がりの私は恐らく色々考えてしまいすぎて無理だろうと思っているのです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑